前へ
次へ

アレルギーの負荷試験という検査

食物アレルギーの子どもの数は、年々増えています。
代表的なのは、卵や小麦、ピーナッツやリンゴな

more

アレルギーの影響はかなり大きい

ダニや虫の影響で体が過度に免疫機能を働かせてしまうことがあります。
私も特定の昆虫を触るとアレ

more

アレルギーはどうしたら対応できるか

人間の意志に関わりなく体が防衛反応を示すのがアレルギーで、免疫機能の過剰反応が原因と呼ばれています。

more

ダニアレルギーを免疫療法で治す

ダニアレルギーは一年を通じて症状が起こり、非常につらい問題です。
小児の90%、成人の50%の気管支ぜんそくはダニが原因といわれていて、夜寝ていると症状が出たり、掃除中に悪化したりするのは典型的な症状と言われます。
従来の治療は症状が出ないように抑制する対症療法が中心でしたが、2015年からダニアレルギーのアレルゲン免疫療法が健康保険の適用となり、現在は根治を目指した治療が行われるようになっています。
日本はこの分野で国際社会に後れをとっていましたが、ようやくアレルゲン免疫療法が普及し始めていると言えます。
アレルゲン免疫療法は、アレルゲンを持続的に体内に投与して免疫をつける治療です。
反応が起こる元を体内に入れることには抵抗があるかもしれませんが、体をアレルゲンに慣らすことで症状を和らげ、治す可能性のある治療法と考えられています。
現在のところ注射と錠剤を用いた治療法がありますが、治療期間は3〜5年と長期にわたりますのでそこは理解しておきましょう。

コーディング外注ならHTMLコーディング代行専門【JETCODING】

お客様にベストな解体工事をご提案

大牟田・久留米合同探偵社「フィールドワーク」
調査に関する相談・お見積りは無料で行っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

治療期間を短くするために、短期入院で急速に導入する治療も行われています。
ヨーロッパで実施されている方法ですが、通常半年かかる治療が6日の入院で行われるためかなりスピーディな治療法です。
ダニが原因で気管支ぜんそくなどが起こると、ダニ以外の花粉や食物、動物にも反応が起き、いくつものアレルギー疾患が併発されるケースが少なくありません。
アレルゲン免疫療法はそうした反応の連鎖に歯止めをかける抑止効果があり、長期的に見ても予後の改善につながるとされています。
アレルゲン免疫療法は複雑な治療を必要とするため、専門医がいる医療機関に限られて実施されます。
もちろん日常生活でアレルゲンを避けることが最も大事ですが、ダニを完全に除去することは事実上不可能なため、こうした有効な治療が普及するのは喜ばしいことです。
最近ではダニが侵入した小麦粉などが原因で起こる症状も問題となっており、加熱してもアレルゲン活性が残るため食物アレルギーを発症する危険があります。
食材の管理はもちろん重要ですが、常に室内を掃除し、衛生的に過ごす努力も必要です。

Page Top