前へ
次へ

お酒でもアレルギー反応が、その内容とは

お酒でのアレルギー反応は、あまりご存じがない方も多いかもしれません。
お酒が苦手な人の多くは、頭痛などの原因となるアセトアルデヒドの分解する酵素が弱く、これがお酒の苦手な原因となっています。
この話が一般的に流通しているため、お酒でのアレルギー反応まで頭が回らない場合もあるでしょう。
お酒でのアレルギーは、血行がよくなることで、体内に取り込みやすくなり、症状が悪化しやすくなる場合もあるのです。
お酒そのものが、アレルギー体質で無い方でも、お酒を造るための成分によって反応を引き起こす人もいます。
例えば、お酒を造るためのお米や麦、果物などがあるでしょう。
お酒を飲めない人に無理に勧めると、取り返しのつかない症状を引き起こしてしまうかもしれません。
この反応の症状の特徴には、アセトアルデヒトに関わらない症状として、皮膚のかゆみが生じる場合もあります。
この自覚あれば、お酒による体質の自覚を持ち、お酒を控えるのも大切です。
病院では、体質かどうかの確認ができるため、気になる場合は病院でチェックを受けるのもお勧めです。

Page Top