前へ
次へ

アレルギーの負荷試験という検査

食物アレルギーの子どもの数は、年々増えています。
代表的なのは、卵や小麦、ピーナッツやリンゴなどです。
免疫がつけば食べられるようになる可能性もありますが、医療機関において負荷試験という方法で食物アレルギーを克服させる治療が提案されています。
症状として、アレルギー症状が出現する可能性がありますから、主治医とともに、治療をゆっくり進めていきます。
入院と通院で行われますが、多くは入院を希望しています。
達成目標は、検査がスムーズに受けられること、治療処置は、食物負荷試験によるアレルギー症状として、咳、鼻水、腹痛などの比較的軽い症状から、嘔吐や呼吸困難、アナフィラキシーなどの症状が出ることがありますから、入院が理想的なのです。
症状が出現した時には、医師の指示により、吸入や内服、注射などを実施してくれます。
検査後は、症状が出なければ病院内を自由に行動ができるなど、活動の安静度を図りながらリハビリが行われます。

Page Top